家庭教師選びで気をつけることは?

家庭教師の選び方

よい家庭教師選びのポイントを見てみましょう。

家庭教師との契約は、人と人との契約と言えます。教師と生徒がともに頑張れる環境を作るため、また、長く続けてもらうためにはやはり、家庭教師の人間性が最も大切になってきます。誠実な受け答えや、最低限の挨拶など、教師の人柄で選ぶことを忘れないようにしましょう。

よい家庭教師とは

「よい家庭教師」といわれる教師のポイントは以下の3つです。

よい家庭教師1 生徒との相性があう教師
「性格面」と「学習面」の相性がよいことが最大のポイントと言えます。特に、学習面での相性は成績向上の大切なポイントです。性格の相性はいいのになかなか成績が上がらない場合や、始めは順調だったが伸び悩んでいるという場合は、学習面での相性が合わないことが多いようです。生徒のレベルに合った解説が必要なのではないでしょうか。

よい家庭教師2 生徒の分からないを分かるに変える教師
生徒が「分からない」ところが分かる教師はよい教師です。さらにその問題を図や例えを用いて生徒にあったレベルで分かりやすく説明してくれる家庭教師を選びましょう。そのような教師なら、ひとつひとつの苦手をなくしていくことができ、きっと自然と成績も上がることでしょう。

よい家庭教師3 誠実で熱心な教師
もちろん解説がわかりやすいことも大切ですが、教えることに熱心な家庭教師であることも大切です。生徒にあった学習プランを立てたり、学習相談を受けるなど、誠実で熱心に指導する家庭教師なら、生徒も信頼し、よい刺激を受けることでしょう。そのような教師に教わる生徒が、学習意欲を高め、成績向上することは当然のことですよね。

よい家庭教師を見分ける面接

いくら、その教師の情報を得たとしても、やはり実際会って話してみることが必要になります。その方法として家庭教師派遣会社が設ける【面接】や【体験授業】を利用しましょう。その場で、チェックできる項目を3つ以下で見てみましょう。
(※「面接」や「体験授業」は、無料の場合もあれば有料の場合もありますが、これらを行わない派遣会社もあるので確認しましょう。)

(1)基本的なマナーはきちんとできているかチェックしましょう
いくら優秀な家庭教師でも、挨拶や言葉遣いなど基本的なマナーがきちんとできていないと、悪影響を与えてしまうので要チェックです。

(2)指導理念や、指導ノウハウを持っているかチェックしましょう
・教師の能力チェック
学力を伸ばすには、生徒のペースに合った指導ができるかをチェックします。例えば、体験授業や面接時に1問程度解説をしてもらうといいでしょう。

・指導経験チェック
教師を見極める大切なポイントとして、指導実績チェックがあります。指導経験や実績があるかどうか質問してみたり、その場で具体的な指導案を説明してくれる教師を選びましょう。

・指導人数チェック
週1の家庭教師であったとしても、教師には準備が必要です。きちんとしたサポートをしてくれる教師を選ぶためにも、現在受け持っている生徒の人数に余裕があるかチェックしましょう。

・生徒との相性チェック
生徒との共通点があれば生徒の教師に対する気持ちも変わり、やる気にもつながります。生徒が信頼できる教師を選ぶことがなによりも大切です。

・長期間続けられるかチェック
できることなら、長期間続けられる家庭教師を選びたいですよね。受験勉強が目的であればなおさらのこと、受験が終わるまで続けられるかどうかをきちんと確認しましょう。最後まで責任を持って教えられる教師を選びましょう。

(3)授業に立ち会いチェックしましょう
もし、可能であれば、初回に指導する場面に立ち会うことをおすすめします。生徒とのコミュニケーションがきちんと取れているか、生徒にわかりやすく教えているかなどをチェックしましょう。指導能力の確認も重要なポイントです。

page top

… 『家庭教師で成績あっぷ』について …
当サイト上に掲載された情報の閲覧や収集は、利用者ご自身の責任において行っていただくよう、お願いいたします。情報について信頼性の向上について努力をしております。しかし、その信頼性・正確性については保証はしておりません。これらの情報に基づいて生じたいかなる損害についても、家庭教師で成績あっぷ は一切責任を負いません。
Copyright(c)2008. 家庭教師で成績あっぷ. All rights reserved.